Dot3D Pro for Windows

直射日光下で使用可能な
ハンディ3Dスキャナー

スマホを使って、高精度で測定する

~鉄筋など、工事現場の計測に最適~

スマートフォンにRealSenseカメラを取付け、3Dスキャンする

スマホ以外 必要な機材は、
 ・Dot3D scanソフトウェア 6万円 (年間サブスクリプション)
 ・RealSenseカメラ (カリブレーション済)

上記の画像は、Gallaxy S10にRealSenseカメラ(カリブレーション済)を取付け、屋外の植え込み周辺をスキャンしています。RealSenseには磁石が付属しており、スマホ側に薄い金属板を貼り付ければ着脱は簡単に行えます。別途、Dot3D Scanソフトウェアをインストールしています。

スマートフォン以外、PCやタブレットでも3Dスキャンできます。

インフラ 3Dスキャナー、工事測量に使用する

Dot3Dスキャナーは、室内外で使用できますが、最大の特長は炎天下でスキャンできることです。これまで、屋外で計測できるハンディ3Dスキャナーは高額でした。Dot3Dスキャナーは狭いエリアの計測に適しており、安価で簡単に操作できるハンディスキャナーです。スキャナーは、ハード的にはWindows PC + Intel RealSenseで構成され、スキャンおよびデータ編集としてDot Product社のDot3Dソフトウェアが付属します。カラー点群を出力可能です。

Dot3Dスキャナーの構成

1. ハードウェア:タブレットPC(ご希望のPCを選択可能)とRealSenseセンサー

データ処理用ソフトウェア Dot3Dについて

製品説明:

  • DPI 3Dスキャナー(DPI-8S, DPI-10など)は、Dot3D Pro版 永久ライセンスが付属します。Dot3D Proは、市版のPCやタブレット(特定機種のスマートフォン含む)でも使用できます(別途 RealSenseカメラが必須です)。
  • Dot3Dソフトウェアは機能に応じて、4つのモデル(Pro、Scan、Edit、Viewer)があります。
  • Pro版の機能は、スキャンデータの最適化、寸法計測、3Dモデルデータとの比較、座標変換、アノテーション(注釈)、写真撮影などがあります。なお、スキャンと同時に撮影した画像は点群データとリンクさせ、画面上で確認できます。
  • 出力フォーマットは、RCS, E57, LAS, LAZ, PTX, PTS, PLY, DPなどをサポートしています。DPファイルの特長は、独自の圧縮ファイル形式を採用し、一般的な点群データのファイル容量を約40分の1に高圧縮率で保存します。なお、別途 弊社が販売する点群処理ソフトOPT Cloud Surveyは「DPインポート機能」を持ち、Dot3Dではサポートしていない各種の編集機能を利用できます。
  • 現場でスキャンした後、取得したデータをプレビューできます。データが取り切れていない場合は、抜けている場面から再度スキャンすることで、元データに自動で追加されます。
  • DPI-8Sの場合、高解像度のカメラが搭載されています。スキャンの間、対象物の写真を撮影できます。スキャンデータとカメラが連動しているため、スキャンデータ内で撮影した位置と方向を表示できます。また、撮影写真を出力可能です。
  • デザインコンペア機能でCADデータとの比較が可能です。DPIでスキャンした点群データに3Dモデルをインポートし、重ね合わせすることで、形状の差異を変化数値で表示できます。
  • 専用のターゲットシートを自動認識することで、面的な歪みを補正できます。

主な機能:

  • 計測の間、HD画像の取得とビューイングが可能
  • ターゲットの使用、座標値入力、3Dクロッピング機能、測定、3Dアノテーション機能
  • 160百万点/スキャン、複数のデータの最適化、平行面の拘束化機能

Dot3Dソフトウェアの機能は、以下のとおりです。

License Options
機能 VIEW EDIT SCAN PRO
Intel® RealSense™ 3D Scanning 点群データ2000万点までスキャン可能 1.6億点群までスキャン可能**
HD写真の撮影 3枚まで写真撮影/スキャン 無制限
使用可能なOS(Android / Windows)
3Dクロッピング
3Dアノテーション(点群)
3D寸法測定機能(2点間)
スクリーンショット
最適化(シングルスキャン)
バッチでの最適化(マルチスキャン)
アドバンスド測定(面積・径・キューブ)
ユーザー座標値設定
HD写真の出力
DP, PTS, PLYの出力
E57, RCS, LAS, LAZ, POD, PTX, PTGの出力
平面とシリンダへのアノテーション(注釈)
InfiPoints DP Integration(Android)
Pointfuse Integration(Windows)
Perpetual / FlexNet Licensing Options
スケールバーの使用 PRO*
ハード(測定)の使用 PRO*
Bunson AccuScale®-DP Targeting PRO*
並行平面拘束機能 PRO*
アペンド機能(複数のスキャンの合成)
CADモデルとの比較、偏差表示機能
カメラのカリブレーション(工場出荷時) DPIに含まれる
PrimeSense Carmine 3D Scanning DPIに含まれる
*Dot3D Pro使用時のみ有効
**使用するハードウェアにより異なる

応用分野

(1) 建設現場で鋼材や鉄筋などを3D計測する
計測したデータ(点群データ)から部材の径を測定できます。CAD図面を重ねて表示することで建設状況を把握できます。また、3Dデータを基にした施工管理に利用できます。定期的に計測することで、点群データを施工データとして管理します。

(2) 地上型レーザースキャナーのデータの補完
地上型スキャナーで取り切れなかった陰の部分をスキャンし、データを追加します。
ハンディタイプの為、基本的に手が入れば計測できます。

(3) 屋外の構造物、道路、電線などファシリティ等に利用

応用分野 応用分野