設計者のためのCAE解析ソフトウェア AMPS Designer

設計者のためのCAE解析ソフトウェア
AMPS Designer

解析ソフトへの一般的な印象
「高い、難しい、CAD設計に不要」

海外の製造国では中小企業も含めてCAE解析ソフトが広く普及しています。部品の安全率の検証、耐久試験、社内・納品先への説明資料、コスト削減に使用され、従来の「勘と経験値と電卓計算」をデジタル化して設計時間の大幅な短縮を目指しています。解析結果に基づかない設計は客先からの信頼を得られないという考えです。「納品した部品が壊れた」と納入先からクレームを受けリコールになったとき、早急に原因を調査します。その際、設計段階で解析をおこなっていたか問われます。3D CADの使用目的のひとつは解析ですが、これまで解析ソフトは高価で専任者向けのため、Tier 1企業以外では普及が進んでいませんでした。これに対してAMPS CAEソフトは低価格で設計者向けに開発され機能的にも優れた製品です。弊社のサイトで様々な事例をご覧いただけます。解析は自社製品の競争力の維持のために必須であり、今後メーカーの規模に関わらず広く普及していくものと期待しています。

特別価格・期間限定
受託解析・トライアル

自社の設計が妥当か、確認したい3D CADユーザ様向け

貴社のCADモデルを第三者(解析ソフト)が解析し評価します。

解析トライアルの費用:
12.5万円(税別)
弊社へ、又は CAD販売店へご依頼下さい。

受託解析を行った
お客様の評価を確認できます。

受託解析のご案内は、こちらへ

無料・45分間・リモート
CAE体験セミナーのご案内

  • 部品の安全率を知りたい
  • 部品のどの部分が壊れ易いか
  • 設計時間の短縮になるのか
  • 他社ではどんな効果がでたか
  • CAEは設計者が使いこなせるか

セミナーでは上記についてお答えします

赤い部分は、“力”がかかっている箇所

セミナーの詳細は、こちらへ

ペットボトル,アルミ缶の
挙動解析(非線形)
ペットボトルの座屈解析の事例は
お問い合わせ下さい。
設計者向けCAE解析ソフト
AMPS Designerのビデオ(22分)
落下シミュレーションによる衝撃解析
緩衝包装設計で解析する

非線形解析事例

機構解析事例

熱と構造の連成解析事例

設計者向けCAEとは?
CAEには大きく2つに大別できます。

専任者向けCAE

  • 複雑な物理現象を解くことが目的
  • そのためのハードウェアが必要
  • 使い勝手は考えられてない
  • 専門知識があることが前提

設計者のためのCAE

  • 設計現場で使用されることが目的
  • PCでの使用が前提としている
  • 使い勝手を最重要視としている
  • CADとの連携も最重要視している

CADデータを元に、①強度計算 ②熱計算 ③振動計算 ④その他を設計現場で
直感的に使えるようにしたものが設計者向けCAEです。
"CAEは難し"と言われるのは、専任者向けCAEのためです。
設計者向けCAEは、“設計者が使用する”が前提で開発されています。
設計者向けCAEは、設計の妥当性を証明できるツールです。
弊社がご提案するAMPSDesignerは、設計者向けCAEです。

AMPS製品価格表

製品名 ソフトウェア価格 サポート費用 トレーニング費用と日数 合計
AMPS Box Designer ¥2,130,000 ¥450,000 ¥400,000 (4日) ¥2,980,000
AMPS Designer Advanced ¥1,400,000 ¥160,000 ¥300,000 (2日) ¥1,860,000
AMPSDesigner Standard ¥1,000,000 ¥100,000 ¥150,000 (1日) ¥1,250,000
AMPS Fluid ¥800,000 ¥80,000 ¥150,000 (1日) ¥1,030,000

※01訪問トレーニングは別途、交通費・宿泊費が必要となる場合があります。
※02次年度以降はソフトウェア保守更新が必要となる場合があります。
※03表示価格は本体価格です。別途消費税が必要になります。

↑