OPT SLAM モバイル3Dスキャナー
ビリヤードのシミュレーション(動的解析と接触) / コイルスプリングの収縮計算

SLAM モバイル3Dスキャナー
Trion S1 286万円(税込)

歩きながら点群データ取得
360x270°スキャン
リアルタイム表示

歩きながら、室内、都市空間、狭い道路、
地下街、ビルの谷間、森林内を計測する

点群データはリアルタイムで表示可能

ハンディ3Dスキャナー モデルTrion S1は軽量・小型です。レーザーは360°x270°回転しながら、リアルタイムで点群データを取得します。GPSは不要で、手振れなどのドリフティングを最小化しています。室内外のスキャニング、都市空間マッピング、測量、被災直後の現場を短時間で計測できます。レーザーの速度は32万点/秒、距離120mで、高速で遠方の対象物を計測できます。

移動体(ドローン、自転車等)にも搭載可能

Trion S1は軽量小型のハンドヘルド3Dスキャナーで、計測中はリアルタイムで点群データを取得していきます。独自開発のローカライゼーション&マッピング (自己位置推定&地図作成)用エンジンを採用し、GPSは不要です。各種センサー(スキャナー、IMU)のデータを同時処理し、且つ手振れなど(ドリフティング)の最小化しています。ループクロージャ機能を採用しており、データの始点・終点の統合化することで、データ合成の精度向上に大きく寄与しています。

Trion S1の構成

  • Trion S1スキャナー本体(データロガー、バッテリー付属)
  • データ解析ソフトウェア
    (データの合成、不要な点群データの削除など)
  • 携帯ディスプレイ
  • バックパック(オプション)

Trion S1の特長

  • GPSフリー、リアルタイムで点群データを短時間で取得可能
  • ループクロージャ機能(データの始点・終点の統合化)
  • リアルタイムで点群データ表示と取得
  • 反射強度表示の採用で、エッジを鮮明に表示でき図面作成に役立つ
  • trajectoryの出力(予定)
  • カメラ(カラー点群の出力)(予定)
  • [レーザー関連]
  • レーザーの精度 0.8-2cm
  • レーザー(センサー)数:16本
  • クラス1速度:32万点/秒
  • 範囲距離:120m
  • バッテリー2個(ホットスワップ可能)
  • 重量 合計4kg (スキャナーとデータロガー)
  • 保護等級 IP54

計測事例

(1)河川計測:河川(往復で500m)を一度に計測する

(2)立木調査:SLAMスキャナーとOPT Cloud Survey点群処理ソフトで立木調査を行なう

Trion S1の仕様

計測距離 120m データ保存 計測中に点群データを自動保存
計測速度 320,000点/秒 電源:ホットスワップ可能 バッテリー x 2(各4時間)
レーザーの数 316 (ビーム) スキャナーの重量 1.8kg
FOV 360°x270° データロガー 2.2kg
レーザーの精度 0.8~2cm 計測方法 手持ち、又はバックパックで携帯
ビーム安全性 クラス1 IP基準 IP54
メモリ 512GB ディスプレイ 計測中に点群データを表示する
↑